洗顔だけじゃダメ!にきび予防と対策に効くサプリメントでツルツル肌になろう

夏ににきびが増える人は非常に多いです。それは、皮脂の分泌量と紫外線による肌への刺激が関係してきます。しかし、その対策として過度の洗顔をしてしまうと、にきびを悪化させてしまう可能性も。早くキレイににきびを治したいならサプリメントの利用がおすすめです。
MENU

夏のにきびはなぜできやすい?にきび予防と対策にはサプリメントがおすすめ

にきび予防,対策,サプリメント

夏はにきびが出来やすい季節なので、気を使っている人も多いと思います。
にきびが夏に増えるのは、一体なぜでしょうか。

 

冬に比べると夏は暑いので、皮脂の分泌が増えます。
皮脂分泌の増加に伴って、皮脂が毛穴に詰まりやすくなり、にきびの原因であるアクネ菌が毛穴の中で炎症を起こしやすくなります。

 

夏は肌の一番外側の層である角質がターンオーバーによって剥がれるスピードが早くなります。まだ十分に育っていない皮膚が、古い皮膚と交代して表面に出てくることがあるため、皮膚は外界からの刺激に敏感になってしまいます。

 

過度の洗顔紫外線など肌表面への刺激によって、肌荒れやにきびといった肌疾患を起こしやすい状態になってしまいます。

 

夏のにきび予防は洗顔&サプリメントがおすすめ

夏のにきび予防は、やはり洗顔などをこまめに行って、皮脂が毛穴に残らないようにすることが大切です。
洗顔ケアも大事ですが、にきび予防に効果的な成分をサプリメントなどで摂取して、皮脂分泌を抑制することも大事になります。

 

にきびを予防する為の方法は洗顔などいろいろありますが、肌の健康に役立つ栄養成分をサプリメントで摂取する方法もあります。
ビタミンCは、美肌効果がある栄養素としてメジャーな成分ですが、皮脂分泌を抑制する作用もあると言われています。
数あるサプリメントの中でも、ビタミンCのサプリメントはにきびに悩む人におすすめの商品でもあります。


にきび予防&対策サプリメントの成分とは

にきび用のサプリメントといっても、いろいろとあります。
にきびで悩んでいる人におすすめのサプリメント商品について説明しましょう。

 

ビタミンC

にきび予防に役立つ栄養成分といえば、やはりビタミンCです。
ビタミンCは、にきびの原因である過剰な皮脂の分泌を抑えてくれる働きがあります。

 

にきびにいいだけでなく、ビタミンCは皮膚の健康状態を高める作用も期待できます。
ビタミンCのサプリメントを積極的に利用して栄養補給することで、健康な肌になることが期待できます。

 

ビタミンCによって皮脂の分泌が少なくなると、皮脂による毛穴のつまりがなくなる為、アクネ菌などが入り込み難くなります。
アクネ菌が増えると皮膚を刺激し、にきびができやすいお肌になりますので、アクネ菌対策はにきび対策になります。

 

ビタミンCには抗炎症作用がある為、膿んで潰れたりといった、にきびの悪化が少なくなります。

 

大豆イソフラボン・イブニングプリムローズ

ホルモンバランスの乱れや更年期障害などによってにきびができる人もいます。
その場合は、ホルモンバランスを整える働きがある成分を摂取する方法があります。
ホルモンのバランスを整える成分としては、大豆イソフラボンや、イブニングプリムローズがいいと言われています。

 

ビタミンB群

ストレスが原因で肌トラブルが起きる場合もあります。
ストレスによって出来たにきびの場合は、ビタミンB群を摂取するようにしましょう。
ビタミンB群の成分には肌の調子を整えたり、疲れを軽減したり、脂質を燃焼させてエネルギーに変える効果などが期待できます。
ストレスのせいでにきびが多いという人や、食事や生活リズムが不健康な人は、サプリメントを使ってみるといいでしょう。

にきび予防と対策サプリメントを利用する時の注意点

にきび予防,対策,サプリメント

にきび予防や改善の為には肌の健康に役立つ栄養成分をしっかり摂取することが大切です。サプリメントであれば効率よく栄養成分の摂取が可能ですが、サプリメントを利用する時には注意しなくてはいけない事があります。

 

過剰摂取に注意

サプリメントは、過剰に摂取しすぎると体によくない影響がありますので、にきび対策以外の時でも、気をつけたいところです。
特にビタミンCなどは余分に摂取したとしても、必要のない分は体外に排出されてしまいます。肌の健康に良いからといって、ビタミンCのサプリメントをたくさん飲んだとしても、肌トラブルが早く改善されるわけではありません。

 

他の薬との飲み合わせに注意

日頃からサプリメントを使用しているという人は、処方された薬とサプリメントなどの組み合わせにも要注意です。
にきびで悩んでいる人におすすめの成分には、ビタミンCやビタミンB6などがありますが、どちらも飲み合わせに注意すべき場合があります。
ビタミンC利尿効果のある薬を一緒に利用すると結石ができる可能性が高くなるそうです。
パーキンソン病の薬を飲んでいる人が、同じタイミングでビタミンB6を摂取していると、薬の効果が低下することがあります。

 

サプリメントは水か白湯で飲むこと

サプリメントを飲む時は水か白湯などで飲むようにして、コーヒーやお茶などと一緒に飲むのは避けましょう。
コーヒーやお茶に含まれるタンニンカフェインなどの成分はサプリメントに悪い影響を与える可能性があります。

 

にきびのために使うサプリメント以外のものにも共通することですが、サプリメントを飲む時には適切な飲み方をしてください。


【洗顔だけじゃダメ!にきび予防と対策に効くサプリメントでツルツル肌になろう】関連情報

このページの先頭へ